The Technical Association of Refractories, Japan
 
会報
会報 >> Article details

2019/03/01

平成30年度第3回常任理事会 議事録

| by 管理者A

日時 : 平成31年1月31日(木)15:00-16:40
場所 :耐火物技術協会 会議室 
出席者(敬称略):
金重会長,黒田副会長,西村副会長,橋本副会長,
武次副会長
(常任理事) 有馬,上原,江口,大庭,大矢,後藤,駿河,高野,竹内友,竹内和,仲村,中村,難波,藤井,水摩,安井,細田
【出席常任理事22名】/【委任状12名】
(監事) 浅野,塚本    (UNITECR事務局) 前田
(事務局) 小林,磯尾<記>

【議事内容】
 *常任理事会の成立確認
常任理事36名中出席者22名と委任状提出12名。会議の成立が報告され,金重会長が本常任理事会の成立を宣言した。

1. 平成30年耐火物技術協会協会賞
・資料に基づき, 金重会長より,功労賞候補2名,功績賞候補4名,貢献賞候補4名,優秀技術者賞候補2名,若林論文賞候補4件,福井進歩賞候補4名の説明があり,全会一致で承認された。      (以下,著者敬称略)
【功労賞】(2名)
 伊熊泰郎 氏  神奈川工科大学 名誉教授
 石野利弘 氏  AGCセラミックス(株) 元常務取締役
【功績賞】(4名)
 會田公治 氏   JFEスチール(株) 製鋼技術部
 主任部員(部長)
 中村壽志 氏   新日鐵住金(株) 広畑製鐵所
        製鋼部 炉材技術室 室長
 森 淳一郎 氏 品川リフラクトリーズ(株)
        技術部 主任部員
 後藤 潔 氏  黒崎播磨(株) 技術研究所 副所長
【貢献賞】(4名)
 木下人好 氏  品川リフラクトリーズ(株)
        執行役員 東日本工場長
 小原 学 氏   (株)TYK 理事
 寺牛唯夫 氏  AGCセラミックス(株) 開発センター
        マネージャー
 伏見哲郎 氏   黒崎播磨(株) SN工場
        シニアマネージャー
【優秀技術者賞】(2名)
 奥田宏文 氏  美濃窯業(株) 四日市工場 生産課
        アシスタントマネージャー
黒土裕一 氏  新日鐵住金(株) 大分製鐵所
製鋼部 炉材技術室 主査
【若林論文賞】(論文4件)
◎Al4SiC4における自己治癒エージェントとしての有用性     :耐火物 Vol.70[5]203-208
横浜国立大学 大学院工学府 木村奈津子, 中尾 航
◎塊状MgCr2O4, MgO及びマグネシア・クロム質耐火物と銅スラグ融体の予測と反応実験
    :耐火物 Vol.70[4]161-169
愛媛大学 大学院理工学研究科  島田 岳,武部博倫
◎MgO-CれんがにおけるMgOの還元速度に及ぼす気孔率の影響      :耐火物 Vol.70[10]500-506
品川リフラクトリーズ(株) 技術研究所
土井菜保子,飯田正和,大川幸男
◎不活性ガス雰囲気におけるマグカーボンれんがの高温強度の経時変化 :耐火物 Vol.70[8]347-354
(株)神戸製鋼所 技術開発本部 機械研究所
河本恭平,柳谷一行,大竹 了
【福井進歩賞】(4名)
 伊賀棒公一 品川リフラクトリーズ(株) 技術研究所
 李 玲   黒崎播磨(株) 技術研究所
 高橋尚巳  新日鐵住金(株) 八幡製鐵所
       製鋼部 炉材技術室
 武藤大夢  伊藤忠セラテック(株) 技術研究所
【技術報告賞】対象なし

2.「常任理事会資料」の説明と承認
・資料に基づき,会員内訳は金重会長,その他は黒田副会長が順次報告した。
(追加コメント内容)
・会員数は,会費値上げ前の2018年3月末比+31人で減少していない。12月末会費未納者は24人で,事務局が本人に確認した上で除名する。(金重会長)
・平成30年度決算予想から,しばらく,余剰金取り崩し100万円程度が続くとのコメントがあった。(黒田副会長)
3. UNITECR実行委員会:前田事務局長が資料により報告。
・UNITECR IEB会議が11月12日に開催された。Principal Memberによる開催は,10年に1度とする事前検討案が採択された。他のMemberは30年に1度で,計画する6年6か月前に申し込み,計画案を投票で採択するとのこと。
・プログラム小委員会:公演申し込みが締切を過ぎてもあり,1/25まで延長したところ,299件(計画200件)になったとのこと。採否審査をし,全て口頭発表にするとのこと。
・Opening Ceremonyの特別講演3件決定。(1) 鉄鋼と耐火物:JFEスチール 曽谷保博 副社長,(2) 日本文化「1910年代における米国への洋式食器の輸出」:今給黎佳菜 博士,(3) 最近のトピックス「日本の海洋開発(仮題)」:JAMSTIC(日本海洋開発機構)
4. 本部委員会報告
(企画委員会):難波委員長が資料により報告。
・HPのリニューアルは,サーバーのバージョンアップ後に実施するとのこと。
・学生会員の会費無料化について提案し,一部修正(修士まで⇒博士まで)され,承認された。学生会員(博士まで)は,Web会員扱いで無料,冊子会員扱いで2,000円。
・TARJパンフレットを作成し,会社説明会で配布する提案があり,上述の学生会員会費についての修正することにし承認された。また,耐火物研究助成金のパンフレットも一緒に配布することになった。TARJパンフレットの修正および研究助成金パンフレットの作成は,事務局が担当することになった。
(機関誌編集委員会):大矢委員長が口頭報告した。
・福井進歩賞の推薦を,今年度から,編集委員選出会社だけでなく,研究会,専門委員会,支部にも加わってもらい範囲を広げたとの説明があった。
(標準化委員会):高野委員長が資料により報告。
・標準物質販売元を担ってきたOCCから今後は標準物質にかかわる作業/管理などはできないとの申し入れがあったため,西進商事への業務委託を検討しているとの説明があった。
1) 西進商事との業務委託契約書作成は、事務局に一任され、正副会長の確認後、業務委託契約を締結することが承認された。
2) 標準物質の保管をOCCから西進商事に移すにあたり,過剰在庫分(560万円)を除却することが承認された。
・耐火物技術協会内WGと国際標準化・JISの活動状況について説明があった。
(耐火物研究助成金選考委員会):飯田委員長の代理で細田専務理事が資料により報告。
・4件の申請があり,全てセラミックス関係であったため,全てが推薦され,承認された。
・上限6件に対し,4件と申請が少なかったため,2件を追加募集するとの説明があり承認された。
・申請を増やす対策として,セラミックス誌に募集を掲載することと,大学の掲示板に表示してもらうことが提案され承認された。更に,UNITECR発表申込大学への募集要項を送るよう指示があった。
5. 専門委員会・研究会報告
(鉄鋼用耐火物専門委員会):安井委員長が口頭報告。
・昨年の第6回専門委員会は11月26(月),27日(火),長良川国際会議場で開催され,講演会163名,交流会133名の参加者であったとのこと。
・本年の第7回専門委員会は12月9(月),10日(火),高山で開催されるとのこと。
(原料専門委員会):水摩委員長が口頭報告。
・本年の第79回専門委員会は9月13(金),OCCにて開催予定で,委員長がAGCセラミックスに代わるとのこと。
・特別講演は,TOTOに依頼し,内容は光触媒関係になるとのこと。
(セメント用耐火物研究会):(代)事務局磯尾が口頭報告。
・第35回セメント用耐火物研究会は,2019年5月27日に日本教育会館にて開催。
(環境と耐火物研究会):仲村委員長が口頭報告。
・今年はUNITECRが10月にあるため,第18回研究会は11月に開催することになりそうであるが, 2019年4月の幹事会で協議する予定。
6. 支部報告
(九州支部):大庭新支部長が口頭報告。5月に春季講演会開催予定。
(中国四国支部):有馬支部長が口頭報告。
(近畿支部):上原支部長が口頭報告。
(東海支部):藤井支部長が口頭報告。
・昨年12月12日に大同特殊鋼の見学会と講演会「焼結アルミナの製造方法及び特性」を実施。参加者36名。
・今年4/12のJFCCとセラ協主催の講演会を共催
(東部支部):駿河支部長が資料により報告。
・JAXA筑波宇宙センターの見学会を10月31日に実施。参加者31名(内学生2名)。
・2019年第72回通常総会は,4月19日(金)TKPガーデンシティ横浜開催が決定。講演会は,宇宙航空研究開発機構の中沢氏で「宇宙開発最前線(仮題)」の予定。
・企業見学会を5-6月に実施予定。

*以上の全体議事に対してさらなる質問・異議等はなく,本常任理事会の討議内容は了承された。


00:00 | Comment(0) | 議事録

日本語 | English
ログイン
HP内検索





 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
Online Users20
Login Users0
Total Members994