用語 読み方 意    味 対応英語 
マグネサイト(菱苦土鉱) まぐねさいと(りょうくどこう) 炭酸マグネシウム(MgCO3)を主成分とする鉱物。焼成し,マグネシアクリンカーとして塩基性耐火物の原料とする。 magnesite
マグネシア(苦土) まぐねしあ(くど) 酸化マグネシウム(MgO)のことで,鉱物名はペリクレース。耐火物,触媒,吸着材,医薬品原料として用いられ,代表的な塩基性耐火物材質である。 magnesia
マグネシア・カーボン質耐火物 まぐねしあ・かーぼんしつたいかぶつ 焼結や電融マグネシアと数~数十mass%の黒鉛を主原料とした耐火物。「マグカーボン」と略称される。 主に転炉,電気炉,二次精錬炉などに用いられる。 magnesia-carbon refractories
マグネシアクリンカー まぐねしあくりんかー マグネシア(MgO)を主成分とするクリンカーで代表的な塩基性耐火物原料。magnesia clinker/ magnesite clinker
マグネシア・クロム質耐火物 まぐねしあ・くろむしつたいかぶつ マグネシアクリンカーとクロム鉱石を主原料としたMgO 50mass%以上の塩基性耐火物。マグクロ質耐火物とも呼ばれる。セメントロータリーキルン用や製鋼用のVOD鍋,RH真空脱ガス炉,AOD炉などに用いられる。MgOが50mass%未満のものはクロム・マグネシア質又はクロマグ質耐火物ともいう。 magnesia-chrome refractories/magnesite-chrome refractories
マグネシア質耐火物 まぐねしあしつたいかぶつ マグネシアクリンカーを主原料とした代表的な塩基性耐火物。定形としては焼成品と不焼成品があり,主に製鋼炉,ガラスタンク窯蓄熱室チェッカーに利用され,不定形耐火物としては転炉の熱間吹付け補修材,電気炉炉床スタンプ材などがある。 magnesia refractories
マグネシア・スピネル質耐火物 まぐねしあ・すぴねるしつたいかぶつ マグネシアに電融又は焼成して製造したマグネシア系スピネル(一般的にはMgO・Al2O3)を組み合せた耐火物。主にセメントロータリーキルン用でクロムフリー材質として使用が拡大傾向にある。 magnesia -spinel refractories
マグネシア・ドロマイト質耐火物 まぐねしあ・どろまいとしつたいかぶつ合成マグドロクリンカー,又はマグネシアクリンカーとドロマイトクリンカーを主原料とした耐火物。 マグドロれんがとと呼ばれることが多い。 二次精錬炉,セメントキルンなどに用いられる。 magnesia-dolomiterefractories/ magnesite-dolomite refractories
マグネシオフェライト まぐねしおふぇらいと マグネシアと酸化鉄(III)からなるスピネル型鉱物(MgO・Fe2O3)。
マグネシアクリンカー中に不純物として存在する。 
magnesioferrite
曲げ強さ まげつよさ固体材料が曲げ荷重を受けるときの耐えうる応力の限界値のことで,曲げ強さ試験における材料破壊時の最大曲げ応力として求める。 単位は主にMPa又はN/mm2modulus of rupture/ cross-bending strength/ transverse strength/ flexural strength
曲げ強さ試験 まげつよさしけん 材料の機械的強さの一つである曲げ強さを測定する破壊試験。単に曲げ試験ともいう。荷重の掛け方で3点曲げ法と4点曲げ法がある。耐火物では3点曲げ試験法がJISに規定されている。 bending strength test/ bending test 
まさ積み まさづみ たて積みの一種で,小口(最小面、並形では114×65mmの面)を上下に据え,長手(並形では230×65mmの面)が正面に現れる煉瓦積みのこと。→たて積み soldier course
マッシュルーム まっしゅるーむ 転炉底吹羽口周囲に形成される酸素及び冷却ガスの通気孔を有する適当サイズの凝固鉄。これが羽口周りの耐火物の保護層となる。 mushroom
マット まっと 銅精鉱を溶剤(珪石等)と一緒に加熱溶解して生成させる。銅が濃縮された複合硫化物のことで,カワとも呼ばれる。これを転炉で脱硫して粗銅を得る。matte
マッドガン まっどがん 高炉の出銑口にマッド材を充填して出銑を停止させるための装置。 mud gun
マッド材 まっどざい 高炉出銑口の閉塞用材料。 結合材からタール系とレジン系に大別される。→出銑口閉塞材 taphole mix/ taphole clay/ taphole mud
マッフル まっふる 燃焼ガスや火炎を直接被熱物に接触させないため炉内に設けた耐熱金属製又は薄い耐火物の隔壁。 muffle 
マッフル窯/マッフル炉 まっふるがま/まっふるろ 被熱処理物を特定の雰囲気中で処理する場合,大気又は燃焼生成ガスから遮断して加熱・冷却を行うためにマッフルを使用する炉をいう。muffle furnace
マトリックス まとりっくす 耐火物の組織を表現する用語で,骨材の周囲の微粉や結合材からなる連続した結合相。→ボンドmatrix
摩耗 まもう 炉内の物体との接触により,耐火物が物理的に擦り減ったり削られたりする損傷のこと。耐火物では試験法がJIS R 2252に規定されている。abrasion
マラーミキサー まらーみきさー 撹拌ローラー(マラー)が皿型容器(パン)の底に接触しないように吊り下げられている混練機。このためにパンに入れた混練物は,それ以上粉砕されることなく混合される。 muller mixer
マランゴニ効果 まらんごにこうか 耐火物の成分がスラグ等の溶融物中に溶解すると,その成分の濃度差により溶融物の表面張力(界面張力)に勾配が生じ,耐火物との界面付近で溶融物に強い対流(マランゴニ対流)が発生する現象のこと。マランゴニ対流は耐火物に局所的な損耗を起こす。 marangoni effect
マンホール まんほーる 炉内の点検,補修時などに人が出入りするための炉の開口部。 manhole