The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー38人
ログインユーザー0人
登録ユーザー139人
   
用語 読み方 意    味 対応英語 
熱応力ねつおうりょく物体の温度変化による膨張・収縮が妨げられたり不均一となった場合に,物体内に発生する応力のこと。→熱的スポーリングthermal stress
熱拡散率ねつかくさんりつ熱伝導率をその物質の比熱と密度の積で除した値。熱伝導微分方程式の係数となる。thermal diffusivity
熱間回転 /熱間再使用(タンディッシュの)
ねっかんかいてん/ねっかんさいしよう異鋼種連々鋳造(成分の異なる鋼種を連続的に鋳造)時に,タンディッシュを鋼種(grade)毎に交換せず,連続的に使用する操業形態のこと。continuous recycle tundish in hotcondition / reusing tundish in hot condition
熱間収縮ねっかんしゅうしゅく材料が高温度で収縮を起こす現象。thermal contraction/ shrinkage
熱間強さねっかんつよさ材料の高温下での強さ。引っ張り強さ,曲げ強さ,圧縮強さ等がある。耐火物では熱間曲げ強さ試験がJIS R2656に規定されている。high temperature strength
熱硬性耐火モルタルねつこうせいたいかもるたる耐火粘土,ろう石,ベントナイト等を結合材として,高温に加熱されてセラミックスボンドに使用される耐火モルタル。heat-setting refractory mortar
熱衝撃試験ねつしょうげきしけん耐火物試験片に対し,標準化された条件で加熱と冷却を繰り返し行い,亀裂の有無を比較する試験。耐火物では試験方法がJIS R2657に規定されているほか,パネルスポーリング試験も行われる。 →熱的スポーリング,パネルスポーリング試験thermal shock test/ heat shock test/spalling test
熱衝撃損傷抵抗ねつしょうげきそんしょうていこう熱衝撃によって破壊が起こったとき,耐火物中に,クラックがどの程度まで,進展成長していくかの抵抗性(R””)。弾性率,破壊エネルギー,ポアソン比が大きく,強度が小さいほど損傷抵抗は,大。thermal shock damage resistance
熱衝撃破壊抵抗ねつしょうげきはかいていこう熱衝撃によって破壊が起こったとき,耐火物中に,クラックがどの程度まで,発生し,強度低下するかの抵抗性(R)。弾性率,熱膨張,ポアソン比が小さく,強度が大きいほど破壊抵抗は,大。thermal shock fracture resistance
熱重量分析ねつじゅうりょうぶんせき温度変化に伴う物質の重量変化を測定し,その物質の熱的挙動(分解,反応等)を解析すること。 →熱分析,熱天秤thermogravimetric analysis (TG,TGA)
熱線法ねっせんほう熱伝導率の測定法の一種。2つの試験片の間に発熱線を挟み,これに通電したときの発熱線の温度上昇から熱伝導率を求める方法。耐火物では試験方法がJIS R2251(耐火煉瓦)とJIS R2616(断熱煉瓦)に規定されている。hot wire method
熱抵抗ねつていこう固体内の2点間の距離を熱伝導率と伝熱面積とで除した値。heat transfer resistance
熱的スポーリングねつてきすぽーりんぐ耐火物を急熱,急冷したとき表面と内部の熱膨張の差による応力によって発生する亀裂や剥離。thermal spalling
熱伝導率ねつでんどうりつ単位時間,単位面積を垂直方向に流れる熱量と,この方向の温度勾配との比。thermal conductivity
熱天秤ねつてんびん温度変化に伴う物質の重量変化を測定する装置。熱重量分析に用いる。 →熱重量分析thermo-balance
熱風炉ねっぷうろ蓄熱室内の熱交換により高炉に送風する熱風を得るための炉。hot-blast stove/ Cowper stove
熱分析ねつぶんせき材料の温度変化によって生じる熱の出入り,質量重量変化などを測定し,その材料の熱的挙動(化学変化,相変化等)を解析する方法。 示差熱分析(DTA),熱重量分析(TGA)等がある。 →示差熱分析,熱重量分析thermal analysis
熱膨張ねつぼうちょう温度の上昇とともに生ずる膨張。耐火物では試験方法がJIS R2207に規定されている。thermal expansion
熱膨張係数ねつぼうちょうけいすう単位温度変化当りの物質の膨張する割合。thermal expansion coefficient
熱容量ねつようりょう物体の温度を1℃高めるのに要する熱量。単位はジュール毎ケルビン (J/K)。heat capacity
熱流法ねつりゅうほう熱伝導率の測定法の一種。平板状又は円柱状の試験体に定常熱流を与え温度勾配を測定することにより試験体の熱伝導率を求める方法。耐火物では試験方法がJIS R2251(耐火煉瓦)とJIS R2616(断熱煉瓦)に規定されている。heat flow method
熱履歴ねつりれき物質がその状態に至るまでに受けた熱的な経過。thermal history
燃焼室ねんしょうしつ熱設備において燃料を燃焼させる区画部分の事。combustion chamber
粘性ねんせい運動している流体内部に生ずる運動を止めようとする性質又はその力。viscosity
粘土ねんど通常可塑性があり,粘土鉱物を主成分とする耐火原料のことで,遊離珪酸及びほかの不純物を含む。clay
粘土質耐火物ねんどしつたいかぶつ耐火粘土,又は,ろう石など,これと類似の化学組成をもつ原料を主原料とした耐火物。fireclay refractories
 

日本語 | English
ログイン
HP内検索