The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー51人
ログインユーザー0人
登録ユーザー135人
   
ダイアスポアだいあすぽあアルミナ1水和物の一つ。この鉱物を主成分とする岩石の名前として使用されることもある。化学式でAlO(OH)又はα-Al2O3・H2Oで表示され,べーマイトとは同質異像。diaspore
耐火材料たいかざいりょう耐火物及び建築用そのほかの耐熱性材料。refractories/ fire proof materials
耐火断熱煉瓦たいかだんねつれんが耐火煉瓦に比べ軽量で熱伝導率が低い煉瓦。種類には粘土質,珪酸質,珪藻土質,高アルミナ質耐火断熱煉瓦等がある。一般的なものはJIS R2611で規定されている。insulating firebrick
耐火度たいかど昇温中に耐火物が軟化変形を起こす温度を表す指標。その耐火物に最も近い軟化変形をする標準コーンの番号で表示される。試験方法はJIS R2204で規定されている。 →標準コーンrefractoriness
耐火粘土たいかねんど耐火度SK26以上の粘土の総称。珪酸質,アルミナ質及び水分を主成分として,若干の鉄分そのほかの不純成分を含んでいる。焼成すれば400~600℃で脱水し,1000℃以上になるとムライトとクリストバライトに変化する。fireclay
耐火物たいかぶつ高温度に耐え,化学的に安定な非金属無機物質,又はその製品の総称。形態としては定形(煉瓦)と不定形(粉粒体状と練土状)がある。材質的には酸化物系が多いが,これに炭素や炭化珪素などの非酸化物を複合化させた製品も多い。炭化珪素,窒化珪素,ほう化物など非酸化物主体の製品もある。refractories
耐火モルタルたいかもるたる耐火煉瓦を積む際に各煉瓦間の接合のために使用される泥状の耐火物,通常煉瓦とほぼ同材質の耐火物粉末に可塑性を与えるため粘土を加えた粉末で現場で水と混練して使用されることが多い。最近ではカーボン系煉瓦用途に有機樹脂を使用したものもある。refractory mortar/ refractory cement
耐火煉瓦たいかれんが窯炉そのほか高温で使用する設備に適する種々の形を持った耐火物。ただしプレキャストブロック(不定形耐火物を工場であらかじめ成形した耐火物)は含まない。→ プレキャストブロックrefractory brick
耐酸キャスタブル耐火物たいさんきゃすたぶるたいかぶつ珪酸塩そのほか耐酸性のボンドを用いたキャスタブルの1種で,耐酸性を有し,煙突などの内張りなどに用いられる。acid-resistant castable refractories
耐食性たいしょくせい耐火物などの材料の侵食にたいする抵抗性。耐火物では一般に,回転侵食試験法,誘導炉内張り侵食試験法や,るつぼ侵食試験法などによって試験される。corrosion resistance
タイボルトたいぼると→タイロッドtie bolt
タイヤたいや1)ロータリーキルンを支えるためのローラーに接するキルン外周部の鋼製の輪。2)パンミルの粉砕用ローラー。tire (tyre)
ダイヤモンドペーストだいやもんどぺーすと微粒のダイヤモンドを配合したペースト状の研磨材。鏡面,高精度加工面を得るために用いられる。diamond paste
ダイラタンシーだいらたんしー低セメントキャスタブルで使用されるアルミナ微粉などの濃厚サスペンジョンで,せん断速度(撹拌速度)が増加するにつれて見掛け粘度の増加する現象。体積ダイラタンシーと区別して,流動ダイラタンシーとも呼ぶ。ミキサーや施工時のトラブルの要因のひとつ。dilatancy 
タイル(耐火物の)たいる耐火物業界では厚さが薄く大きな形状のもので,最大面は正方形あるいは長方形で,長さは並形とあまり変わらないものをいう。tile
ダイレクトボンド煉瓦だいれくとぼんどれんがシリケート成分の少ない塩基性高耐火性粒子(マグネシア,マグクロクリンカー,スピネル等)がシリケートを介さずに互いに直接結合した組織をもつ煉瓦。特に,マグクロ煉瓦でペリクレース,スピネル等が相互に結合した耐火物。direct-bonded refractories
タイロッドたいろっど工業炉においてアーチ式天井の迫り煉瓦,又は側壁,炉床耐火物などの熱膨張による迫り圧や側圧を支持するための引っ張り棒(締め金具の一種)。タイボルトともいう。tie rod
抱き煉瓦だきれんがアーチ煉瓦積みを両側で支えている煉瓦。アーチ受け,迫り受けともいう。skewback brick
濁度計だくどけい粉体と反応しない液体中に粉体を懸濁させて,その濁り度から粉体の粒度を測定する装置。turbidimeter
多孔質炭素たこうしつたんそ均一な気孔径をもった気孔率が50mass%以上の炭素材料。ガス拡散電極に使用される炭素,活性炭なども多孔質炭素の一種。porous carbon
ダスティングだすてぃんぐ結晶転移や相変化の際に体積膨張を伴って,亀裂を生じたり,著しい時には粉末化することをいう。セメントクリンカー中のCa2SiO4β相が徐冷によってγ相に転移する際などに起こる例が良く知られている。dusting
脱気だっき真空吸引や減圧等により,材料中の空気を除去すること。de-airing
脱型だっけい一般的には成形において,型から成形体を取り出す操作をいうが,狭い意味には陶磁器の製造工程でせっこう型を用いて成形した器物を型から外すこと。demolding
脱着帯だっちゃくたい→ コーティング脱着帯transition zone
たてたて例えば倒炎式の窯炉において燃焼する炎が直接に被焼成物に触れないようにするための火囲い。火たてともいう。→倒炎式炉,マッフルbag wall
縦おち煉瓦たておちれんが→縦迫り煉瓦wedge brick
縦迫り煉瓦たてぜりれんがくさび形の異形煉瓦でひら面(最大面,並形では230×114mmの面)が長さ方向に2面とも等分の角度で傾斜し,狭まっている形状の煉瓦。→迫り煉瓦wedge brick/ end arch brick
たて積み(立積み/縦積み)たてづみ煉瓦の小口面(最小面,並形では114×65mmの面)を上下に据える積み方。長手面(並形では230×65mmの面)が正面に現れるのを,まさ(たて)積み,ひら面(最大面,並形では230×114mmの面)が正面に現れるのをたて平張付け積みという。soldier course /shiner course
棚板たないた窯詰用(陶器,磁器,セラミックス焼結体等)に使用する耐火物板で,焼成温度,焼成雰囲気等により材質を選び,ムライト質,コーディエライト質,ムライト・コーディエライト質,炭化珪素質,再結晶炭化珪素質等の棚板がある。refractory slab/ shelf plate
棚式乾燥炉たなしきかんそうろ乾燥機の一種。ほかに室式,トンネル式,回転式などがある。rack dryer
たねがわら(種瓦)たねがわらガラス槽窯の下部構造を構成するために使用される煉瓦。tank block
ダブルスタンダードだぶるすたんだーど直方体の煉瓦で長さと厚さは並形と同じであるが巾が2倍のもの。(注:この用語は英国では使わない)double-standard
ダム用煉瓦だむようれんが被焼成物を滞留させて焼成効果を上げるためにロータリーキルンの内面にリング状に突出させた煉瓦。dam brick
タール(ピッチ)含浸煉瓦たーる(ぴっち)がんしんれんが煉瓦の耐消化性及び耐食性を高めるためタール又はピッチを含浸した煉瓦。タール,ピッチの取り扱い上の規制により,環境,設備面での配慮が必要であり,最近使用量が減少している。tar/ pitch-impregnated brick
タールドロマイト煉瓦たーるどろまいとれんがドロマイトクリンカーとマグネシアクリンカーにコールタールを添加し混練・成形後,300~400℃でベーキングした初期の転炉用煉瓦。最近はMgO-C煉瓦にとって代わられている。tar-bonded dolomite brick
炭化珪素たんかけいそ化学式SiCを有する合成鉱物。工業的には,珪砂と黒鉛(オイルコークス,木炭,石炭等)を直接通電による加熱(アチソン法)で製造する方法が一般的で,α-SiCになる。シリカ又はSiCとCの反応で製造する方法は,β-SiCを製造する。用途は耐火物用原料,研削砥粒用及び焼結体の原料として使用される。silicon carbide
炭化ほう素たんかほうそ化学式B4Cを有する合成鉱物。工業的には,ほう酸と炭素(カーボンブラック等)を電気炉で焼成して製造する。用途は耐火物用では酸化防止剤だが,一般的には研削砥粒,焼結体原料及び原子力用で中性子遮蔽材として使用される。boron carbide
タンク(槽)窯たんく(そう)がまガラスの連続的な溶融・清澄を目的とするガラス工業炉。ガラス槽窯のこと。tank furnace
タンクブロックたんくぶろっくガラス槽窯の下部の構築に使用される大型煉瓦。tank block
弾性係数だんせいけいすう弾性率をそのまま弾性係数と言うこともある。また方向によって性質が異なる異方性物質にフックの法則を拡張したときの式,(応力)i = ΣCij ×(歪)j の係数 Cij をいう。elastic coefficient
弾性率だんせいりつ弾性限界(弾性範囲)内では物体の変形量(ひずみ)と応力とは比例し,このときの比例定数を弾性率という。特に一方向の引っ張り/圧縮応力における弾性率をヤング率という。→ヤング率modulus of elasticity / Young's modulus
炭素繊維たんそせんい→カーボンファイバーcarbon fiber
炭素煉瓦たんそれんが→カーボンブロックcarbon block
タンディッシュたんでぃっしゅ連続鋳造における,取鍋?鋳型間で溶鋼を一時滞留させるための容器。溶鋼中の介在物を浮上させ除去する機能も有する。→介在物tundish
単独窯たんどくがまバッチ単位で焼成処理する窯の総称。periodic kiln
段逃げだんにげ炉壁の煉瓦積みにおいて,部分的に高く積む場合の方式。段逃げ控え積み,歯型(差込み)逃げなどがある。stair joint
断熱耐火物だんねつたいかぶつ低い熱伝導率を持つ耐火物の総称。insulating refractories
ダンパーだんぱー各種炉設備において,ガスダクト及び燃焼用空気や冷却空気ダクトなどのように,比較的低圧,かつ大径の配管並びに煙道などで流動気体の通風(流量)調節用として使用する弁をいう。damper
タンピングマシンたんぴんぐましんしら地を成形するのに使用される機械。型の上部板を繰り返し打撃することにより材料を圧縮するハンマーを有する。tamping machine
段割り定規だんわりじょうぎ煉瓦積みの高さ方向の割付けをするための定規。division rule
 

日本語 | English
ログイン
HP内検索

 新刊
 高温耐熱材料のポイント解説
 耐火物手帳 改訂12版