The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー50人
ログインユーザー0人
登録ユーザー135人
 用語 読み方 意    味 対応英語
静水圧プレスせいすいあつぷれす静水圧を利用して成形体全体に均一な圧力をかけて成形する装置であるが,耐火物では,ラバープレス又はCIPの呼称が一般的。ゴム型など変形可能な型に原料調合物を充填し,その外側から静水圧で加圧し,成形体を得る。isostatic (hydrostatic) press
脆性破壊ぜいせいはかい塑性変形をほとんど起さない材料(脆性材料)が弾性限界を越えた外力により亀裂を生成し,それが急激に伸長してわずかな変形で破壊に至る現象。brittle fracture
生石灰せいせっかい/きせっかい1)石灰石を焼成して得られる物質。
2)酸化カルシウムの慣用名。
quick lime
正長石せいちょうせきカリ長石の一種であるオーソクレス(KAlSi3O8)のこと。orthoclase
清澄槽せいちょうそうガラス槽窯の一部で,溶解炉で溶融されたガラス素地の清澄化と温度を下げる働きをする。冷却槽又は作業槽とも呼ばれる。refining zone
整粒せいりゅう粉体の粒径を所定の範囲内のものにそろえること。particle size regulation
精錬せいれん金属の純度を改善するために溶湯から酸化物,ガスそのほかの不純物を除去する操作。refining
製錬せいれん鉱石そのほかの原料から含有金属を抽出し精製する冶金学的反応操作。smelting
せき溶融金属中の不純物,介在物の除去の目的でタンディッシュ内に設けられた流動制御用の部材。その方式により上堰,下堰などがある。dam/ weir/ baffle
石英せきえい結晶性シリカの多形の一種。よく知られている別の多形にはトリジマイト,クリストバライトがある。quartz
石綿せきめん→アスベストasbestos
セグリゲーションせぐりげーしょん粉末,はい土等混合物が粒度,粒形,密度の近いものなどが偏在して均質性を失うこと。 偏析。分離。segregation
ゼーゲルコーンぜーげるこーん焼成程度あるいは耐火度を測定するための温度指標として使用する標準のコーンの一種。わが国やヨーロッパ各国で使用される。ほかの標準のコーンとして,ISOではISOコーン,アメリカではオルトンコーンが用いられる。Seger cone
石灰せっかい生石灰と消石灰の総称。lime
石灰焼成炉せっかいしょうせいろ石灰石を加熱して生石灰を作るための炉。焼成炉としては,たて形炉とロータリーキルンに大別される。lime kiln
石灰石せっかいせき炭酸カルシウム(CaCO3)を主成分とする鉱物。lime stone
接触角せっしょくかく固体面上に静止液体を置いたとき固体,液体,気体,3相の接触点から液体表面に引いた接線と固体面のなす角。固体,液体間の濡れ性を示す指標の一つ。contact angle
セーフティライニングせーふてぃらいにんぐ窯炉や容器の炉壁に張る耐火物が2層以上で構成される場合,溶融物に直接接する耐火物壁(ウェアライニング)に対し,その外側に配し漏えい事故防止を主目的として使用する耐火物壁。→裏張りsafety lining
ゼブラ積みぜぶらづみ異なる品質の煉瓦を交互に,しま状に積む施工方法。それぞれの品質の煉瓦の特徴を生かして耐用寿命の延長を図る。zebra brick laying
ゼブラ天井ぜぶらてんじょう溶解用反射炉形式の天井煉瓦積み方式の一つ。平炉天井で珪石煉瓦と塩基性煉瓦(マグクロ煉瓦)をアーチ方向に交互に巻くなどの例がある。zebra roof
セミダイレクトボンド煉瓦せみだいれくとぼんどれんがマグネシア煉瓦やマグクロ煉瓦において,ペリクレースやクロマイトの結晶の結合にシリケートボンドとダイレクトボンドが共存する焼成煉瓦。semi-direct-bonded brick
セミリボンド煉瓦せみりぼんどれんがマグクロ煉瓦において,一部分にマグクロ質の電融原料を使用したもの。ほとんど全てを電融原料にしたリボンド煉瓦に対する用語。 →リボンド煉瓦semi-rebonded brick
攻め煉瓦せめれんが円形ライニング又はアーチを積むとき,ライニングを締めたり,寸法を調整するために挿入する煉瓦。key brick / brick for wedge use
セラミックファイバーせらみっくふぁいばーセラミックス系の人造鉱物繊維。アルミノシリケート繊維が一般的だが,ムライト繊維,アルミナ繊維,ジルコニア繊維,炭化珪素繊維などもある。ceramic fiber
セラミックファイバーモジュール せらみっくふぁいばーもじゅーる セラミックファイバー製品のひとつ。ブランケット(フェルト)状のセラミックファイバーを積層,あるいは折り曲げて所定の寸法に切断し定形品としたもの。ブロックともいう。 ceramic fiber module
セラミックボンド耐火物せらみっくぼんどたいかぶつ構成する原料の粒子間を焼成結合した耐火物の総称。セラミックボンドについてJISの耐火物用語では,「焼成によって窯業品の粗粒子成分間に生成したガラス質あるいは結晶質物。焼成品に機械的強度を与える。」と規定された。ceramic bond refractories
迫りせりアーチともいう。窯炉の煉瓦積み構造における「迫り持ち」のことで,壁や天井に開口部を設けるか,あるいは強度をもたせるための弓形状のいわゆるアーチ曲線に構築されるもの。煉瓦単体で荷重を支えることのできない構造はほとんどこの方法により施工されている。arch
迫りアーチせりあーち迫り煉瓦とアーチの両端に配置した迫り受け煉瓦とだけで構成したアーチ。sprung arch
迫り上がりせりあがりアーチが熱膨張により上方へせり出してくる現象。むくり。常温ではアーチの各煉瓦は互いに面で接しているが,迫り上がると煉瓦の上端が開き,下端のみで押し合いながら接するようになる。rising of arch (by heat)
迫り受け煉瓦せりうけれんが窯炉の構造において迫りアーチの両端にあって,その荷重を直接受ける煉瓦をいい,抱き,又は抱き煉瓦ともいう。skew brick
迫り煉瓦せりれんが円形の構築に使用するくさび形の異形煉瓦で,直方体の最大の2面がどちらも同じ角度で傾斜して狭まっている。長辺方向に傾斜しているものを縦迫り煉瓦,短辺方向に傾斜しているものを横迫り煉瓦と呼ぶ。wedge brick / arch brick
セルフフローキャスタブルせるふふろーきゃすたぶる超微粉,分散剤の利用と粒度調整により高いフリーフロー値を得て,低セメントキャスタブルのように加振機を使わなくても,充填施工可能なキャスタブル。フリーフローキャスタブルともいう。selfflow castable
遷移帯せんいたいセメントキルンで石灰石,粘土,そのほかの被焼成物が焼成帯に入る前段階の部分で固相反応,焼成反応が開始する部分。transition zone
せん断強させんだんつよさ試料がせん断荷重により破壊される時の荷重。せん断荷重を断面積で除した値で示される。shearing strength
線変化率せんへんかりつ残存膨張収縮率と同義だが,不定形耐火物や断熱煉瓦に対して使われる。残存線変化率,永久線変化率,加熱後線変化率ともいわれる。linear change / permanent linear change
 

日本語 | English
ログイン
HP内検索

 新刊
 高温耐熱材料のポイント解説
 耐火物手帳 改訂12版