用語 読み方 意    味 対応英語
水硬性耐火モルタルすいこうせいたいかもるたる水硬性セメントを含有し,水を加えれば室温で硬化する耐火モルタル。hydraulic refractory cement/ hydraulic setting refractory mortar
水砕スラグすいさいすらぐ→高炉水砕スラグgranulated slag
吹錬すいれん溶融金属を精錬するとき,酸素などのガスを吹き込んで精錬すること。酸素を吹き込む場合は吹酸ともいう。blowing
スキッドパイプすきっどぱいぷ加熱炉などで鋼片の支持,搬送を行うビーム。通常,内部を水冷するためにパイプ状で外部を耐火物やセラミックファイバーで断熱保護する。一般的にはスキッドパイプ上部には鋼片と直接接触するスキッドレールが取り付けられる。skid pipe
スキンマー/スキマーすきんまー/すきまー1)高炉の溶銑樋の途中に取り付けられたゲート状のもので,溶銑とともに流れてくるスラグをこれでせきとめて分離する耐火物製ブロック。 2)フィーダーチャンネルの入り口に取り付けられたゲート状のブロック。skimmer
スクイズポンプすくいずぽんぷ湿式施工及び圧入施工において使用される材料圧送ポンプの一種。材料を充填したホースをローラーで圧迫し,材料を絞り出す(スクイズ)ように圧送するポンプ。squeeze pump
スクリュープレスすくりゅーぷれすフライホイールの回転軸に取り付けられたらせん軸(スクリューシャフト)を,フライホイールごと回転させてプランジャーを動かし金型内の材料を加圧する形式の成形機。またフライホイールを用いず油圧サーボで直接らせん軸を回転させる形式もある。 →フリクションプレスscrew press
スコアラインすこあらいん乾燥昇温により生じる収縮及び膨張を緩和するために,施工後の不定形耐火物表面に設ける切り込み溝。普通1000~1500mmの間隔で設けられることが多い。score line
スタックライニングすたっくらいにんぐ短冊状にカットしたセラミックファイバーブランケットをケーシング面に直角に積層する施工法。繊維の方向が炉内面に垂直な方向に揃う。ファイバーの劣化は繊維の先端部分のみに生じるためライフが長い。stack lining
スタッドすたっど不定形耐火物やセラミックファイバー等の炉壁・天井を支持する部材。使用温度に応じて,耐熱鋼やセラミックスが使用される。アンカーメタル,スタッドピン,スタッドボルトなどともいう。stud
スタンプすたんぷ不定形耐火物の施工法の一つで,スタンプ材をエアーランマー等で加圧施工すること。stamping
スタンプ材すたんぷざいスタンプ施工に用いる粉状の不定形耐火物。そのまま若しくは少量の水と混練してライニングを構築する。stamping mixes
スチールクラッドすちーるくらっど塩基性不焼成煉瓦の表面を鋼板製ケースで被覆したもの。メタルクラッド,メタルケースともいう。steel-clad
ステーブクーラーすてーぶくーらー高炉の側壁煉瓦の寿命延長と鉄皮保護のため,鉄皮と内張耐火物間に設置された大型水冷金属盤。stave cooler
ストーカーすとーかー炉床の一形式で,格子状の構造をしている。多くの焼却炉に用いられ,格子の下から送り込んだ燃焼空気で上に載せた廃棄物を乾燥・焼却する。stoker
ストッパーすとっぱーノズルとの組み合わせで取鍋やタンディッシュの溶鋼の流量調節を行う耐火物で覆われた棒状装置。ノズルの孔をストッパーヘッドでふさいだり開けたりすることで流量を調整する。stopper-rod/stopper
ストッパーヘッドすとっぱーへっどストッパーの先端にセットされる流量調整用煉瓦。ノズルとの密着性が良いように,先端の形状は球面状をしている。stopper end/ stopper head
ストレート煉瓦すとれーとれんが標準矩形のやや一般的でない煉瓦の別称。いくつかの国では並形より大きな,矩形煉瓦に関して用いられる。straight brick
スネークポンプすねーくぽんぷ圧入施工に用いられるポンプの一種。波状のローターを回転させることにより材料を押し出して圧送するポンプ。snake pump
スーパーデューティ粘土質煉瓦すーぱーでゅーてぃねんどしつれんがASTMで粘土質煉瓦を5種類に分類した中の最高級品。耐火度33(PCE)以上で1600℃-5h加熱後の収縮率 1%以下のもの。superduty fireclay brick
スーパーデューティ珪石煉瓦すーぱーでゅてぃけいせきれんが不純物を制限し,荷重軟化温度を高くした珪石煉瓦。ASTMではAl2O3+全アルカリ×2(%)をflux factorとし,0.5以下のもの。superduty silica brick
スピネルすぴねる一般式RO・R'2O3(R・R'は各2価と3価の金属)で示される立方晶鉱物。とくにMgO・Al2O3(せん晶石)の名称として用いられる。spinel
スプラングアーチすぷらんぐあーちアーチの曲線が正円の一部をなすもので,円弧迫(ぜ)り,又はくし迫りともいう。アーチの形状としては最も一般的である。sprung arch
スプリング構造(炉殻)すぷりんぐこうぞう(ろかく)炉枠と外板の間にスプリングを設けておき炉体の膨張を吸収させようとする構造。spring structure/ (furnace structure)
スプレーライニングすぷれーらいにんぐセラミックファイバーと高耐熱性無機質バインダーとからなる耐火原料を,専用の機械で吹き付け施工すること。spray lining
スポーリングすぽーりんぐ耐火物が加熱・冷却により亀裂を生じたり,あるいは割れによって表面から剥離する現象。その原因により熱的スポーリング,機械的スポーリング,構造的スポーリングに分類される。spalling
スラグすらぐ金属の溶解精錬時に副生する金属酸化物を主体とする物質。鉄鋼精錬では鋼さい,非鉄では,からみと呼ばれる。一般にはノロ,スカムなどといわれる。slag
スラグウールすらぐうーるロックウールの一種。高炉スラグを溶融後繊維化した綿状の無機質繊維。鉱さい綿ともいう。→ロックウールslag wool
スラグ侵食試験すらぐしんしょくしけん溶融スラグによる耐火物の侵食を測定する試験で,るつぼ法,回転炉法(回転侵食),誘導炉内張り法,吊棒侵食試験法,溶射侵食試験法などがある。必ずしもスラグのみではなく,溶鉄などの影響を併せて評価する場合もある。slag corrosion test
スラグラインすらぐらいん溶融金属容器,流路,精錬用炉等で金属上面に浮遊するスラグの層のこと,又は操業中にスラグに長時間接する部位。slag line
スラッギングすらっぎんぐ耐火材料と侵食物質との間の化学反応。通常,高温で液相の生成を伴う。高炉では装入物の流動化を意味する。slagging
スラリーすらりー固体の微粉末を液体と混合した濃厚な懸濁液。泥しょうとも呼ばれる。濃厚な懸濁液(泥しょう)の総称。slurry
スリップすりっぷ泥漿鋳込み成形(スリップキャスティング)に用いられるスラリー。原料粉末を少量の分散剤で水などの液体に懸濁させている。slip
スリーパー煉瓦すりーぱーれんがスロートを構成する煉瓦で,通路の両側の壁を構成する。sleeper block
スリーブ煉瓦すりーぶれんがストッパーの棒状部分を構成する煉瓦で,中心の鋼製ロッドを保護する円筒状煉瓦。rod cover/ sleeve
すり目地すりめじ煉瓦積みで接着面を空目地で据えても,がたや隙間がないように仕上げをして,柔らかいモルタルをごく薄く施して積んでいく方法。rubbed joint
スリンガー施工法すりんがーせこうほう高速回転するインペラーチップの遠心力を利用して水分調整した砂状耐火材を施工目的箇所に投射して施工する方法。取鍋側壁に使用された。slinger process
スレーキングすれーきんぐMgO,CaO,又はそれらを成分に含む塩基性耐火物が水分と反応,水和物を作って崩壊する現象。消化,ふけ,ともいわれる。slaking/ hydration
スロートすろーと金属,ガラス溶解炉において,流路が狭く絞られた部分。ガラス溶解炉では,溶解槽と作業槽の間に設けられ,不純物の多いガラス素地が作業槽に流れ込むのを防いだり温度を下げる役目をする。throat