The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー44人
ログインユーザー0人
登録ユーザー137人
用語読み方意    味対応英語
サイアロンさいあろん窒化珪素(Si3N4)の一部の原子をAlとOで置換したSi-Al-O-N系の化合物。sialon
再加圧成形さいかあつせいけい粗形状の成形体を再度加圧成形することにより最終形状を得る成形方法。re-pressing
再加熱膨張/収縮さいかねつぼうちょう/しゅうしゅく耐火製品が高温度に長時間さらされたとき,あるいは繰り返し加熱されたときに膨張収縮を起こし,元の寸法より膨張あるいは収縮する現象。→残存線膨張/収縮率permanent linear change on reheating
最高使用温度さいこうしようおんど耐火物の使用温度域で,線変化率が規定数値の範囲を超えない最高温度。耐火断熱煉瓦や不定形耐火物の耐熱性を示す表示として使用される場合が多い。maximum service temperature
サイドポート式ガラス槽窯さいどぽーとしきがらすそうがま溶融ガラスの流れに沿った溶解槽の両側の壁にそれぞれ交互に火炎噴出と廃ガス吸引の働きをするポートがあり,一方のポートから噴出した火炎はガラスの流れと垂直に溶解槽を横断し,反対側のポートに吸込まれ,この動作が交互に繰り返される加熱形態のガラス槽窯。side-port glass tank furnace /cross-firedfurnace
作業性さぎょうせい粘土やプラスチック耐火物,キャスタブル耐火物などの施工あるいは成形の難易度。→ワーカビリティworkability
下げ振りさげふり施工などの工事現場で,垂直をだすのに使う器具。細くて強い糸の下端に円錐形の重りをつり下げたものが一般的。plumb-bob
さしがねさしがねかね尺とも呼ばれる直角に曲った金属製の定規。square rule
差し込み逃げさしこみにげ歯形逃げとも言う。炉壁の煉瓦積み作業を行う際に,やむを得ず部分的に高く積み上げる場合,未完成部分の形を歯形状に控えて煉瓦を施工する施工方法。 もう一つの方法として「段逃げ」があり一般的にはそちらの方が後の作業がしやすい。zig-zag joint
サスペンションプレヒーターさすぺんしょんぷれひーたーセメント用ロータリーキルン入口(排ガスの出口)にサイクロン形熱交換器を数段重ね,排ガスにより粉末状の原料を浮遊状態で効率よく予熱及び脱炭酸させる形式の予熱器。→SPキルン,NSPキルンsuspension preheater (SP)
サスペンションアーチさすぺんしょんあーち溶解精錬炉などのアーチを組んでいる煉瓦の一部,あるいは全部を上部の構造からつり下げて構築されたアーチ天井。suspended arch
サラマンダさらまんだ高炉稼働中炉底部に煉瓦ライニングと置き換わって沈積した銑鉄の大きな塊。salamander
酸化防止コーティングさんかぼうしこーてぃんぐ高温の酸化性雰囲気中で使用される金属や炭素系材料の酸化消耗を防ぐために,その表面に施す被覆。oxidation resistant coating
酸性耐火物/酸性スラグさんせいたいかぶつ/さんせいすらぐ一般的な酸性の意味とは異なり,SiO2に富む耐火物やスラグを指す。酸性耐火物は酸性スラグに対する耐食性は高いが塩基性スラグに対する耐食性は低い。 →塩基度acid refractories
酸性白土さんせいはくどモンモリロナイトを主成分とするベントナイトが地表付近で風化を受けて,交換性陽イオンがH+に変化したもので,白色粘土の一種。acid clay
残存線膨張/収縮率ざんぞんせんぼうちょう/しゅうしゅくりつ耐火物が定められた温度で定められた時間加熱したのち,あるいは繰り返し加熱(使用)したのち,常温になったときの長さの最初の長さに対する百分率。はじめの長さよりも長くなれば残存膨張率で表し,短くなれば残存収縮率で表す。residual expansion /shrinkage /permanentlinear change
酸窒化珪素さんちっかけいそSi3N4-SiO2系の化合物群で,Si2ON2が知られている。溶融金属に濡れにくい。silicon oxynitride
サンディングさんでぃんぐ煉瓦素地を焼成するとき,煉瓦を安定して積むため,また焼成によって煉瓦が相互に付着しないように,煉瓦間に微粒,微粉や煉瓦粉末をまくこと。sanding
残留応力ざんりゅうおうりょく外力や不均一な膨張・収縮等により発生した応力が,外力等から解放された後も消失することなく,結晶格子のひずみ等の形で物体内に蓄積されている応力のこと。向き,大きさとも複雑に分布している。 →応力residual stress
 

日本語 | English
ログイン
HP内検索