The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー47人
ログインユーザー0人
登録ユーザー137人
 用語 読み方 意    味 対応英語 
オイルコークスおいるこーくす石油精製過程において,ガソリン,軽油等の収率を高めるために,重質(減圧)残さ油を熱分解するときに副生する固形残さ物。petroleum coke
扇形煉瓦おおぎがたれんが/せんけいれんが両こば面(最小面)が同心円状のアーチとなっており,ひら面(最大面)が扇を開いたような形状の煉瓦。主として円筒形炉壁に使用する。 →迫り煉瓦circular brick
大迫りおおぜりガラス槽窯のアーチ型天井。crown
大樋おおどい高炉からの溶銑・スラグを流す樋のうち,出銑口からスキンマーまでの部分で主樋ともいう。main trough
オーガーおーがー押出し成形機,正しくはオーガーマシン。混合機から押しこまれたはい土を口形から押し出す機械。スクリュー羽根によって圧縮,推進される。抜き出し機ともいう。auger machine
押し目地おしめじ目地押しのことで,耐火煉瓦積みの目地を目地こてで押え,あるいはモルタルが不足している場合,補填すること。shove joint
落口耐火物おちぐちたいかぶつ→アウトレット耐火物。discharge-end blocks/ nose(ring) blocks
オートクレーブおーとくれーぶ高温高圧釜。耐火物やコンクリートでは,高温高圧の水蒸気を用いる。autoclave
オートクレーブ試験おーとくれーぶしけんオートクレーブ中の高温高圧の水蒸気雰囲気で耐火物を処理しその前後の変化を測定する試験方法で,カルシア,マグネシア等を含む耐火物の消化の程度の測定等に用いる。autoclave test
お生煉瓦おなまれんが煉瓦の切断加工用語のひとつ。加工前の原形の煉瓦のこと。並形煉瓦。standard size brick
オーブンおーぶん炉,窯,窯炉の英語訳として使われる。キルン,ファーネスとも同義。oven
オープン鋳造おーぷんちゅうぞうタンディッシュから流出する溶鋼を,大気から遮断しないで鋳型に注入する鋳造方法。浸漬ノズルなどが使用できない小断面ビレットの連続鋳造に一般的に使用される技術。オープン鋳込みともいう。open casting
オープンノズルおーぷんのずるタンディッシュから鋳型へ溶鋼を注入するためのノズルで,鋳型に浸漬しない短尺,単孔のノズル。open nozzle
オランダ積みおらんだづみ長手積み段と小口積み段を交互に積んでいく煉瓦積みの方式。追出し(積み始めの隅部)に七五分(並形煉瓦の長さを3/4に切ったもの)を使用する点がイギリス積みと異なる。Dutch bond
オリビンおりびんかんらん石。化学組成は(Mg, Fe)・2SiO4でMn, Ni,Tiなどが含まれることがある。Mgに富むものを苦土かんらん石(フォルステライト),Feに富むものを鉄かんらん石(ファイヤライト)といい耐火物原料としたことがあった。olivine
オリフィスリングおりふぃすりんぐガラスの連続式溶解窯と成形機とをつなぐ樋状のフォアハース先端にはゴブ(一定量の成形用ガラス塊)を供給するゴブフィーダーがある。このゴブフィーダーの下部に取付けて,押し出されるゴブの径を決める環状耐火物のことでシリマナイト煉瓦,ZrO2電鋳煉瓦などが用いられる。orifice ring
オルトンコーンおるとんこーん倒れ方で焼成温度あるいは耐火度を測定する耐火物製標準三角錐。ゼーゲルコーンと基本的には同じで,ASTMで規定され米国オルトンコーン社で製造されたもの。Orton cone
温修おんしゅうガラス槽窯を冷やすことなく高温状態のままで補修すること。ガラス用語。hot repair
温度伝導度おんどでんどうど熱伝導度を比熱と密度の積で除した量。熱拡散率ともいう。thermal diffusivity
 

日本語 | English
ログイン
HP内検索