The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー13人
ログインユーザー0人
登録ユーザー139人

用語読み方意    味対応英語
ISOコーンあいえすおう(いそ)こーん耐火度を測定するための標準コーンのうちISO規格のもの。一定条件で加熱すればその軟化溶倒温度が少しずつ異なるように作られたコーン。同種の用途用としてオルトンコーン,ゼーゲルコーンがある。ISO cone
アイリッヒミキサーあいりっひみきさードイツのアイリッヒ社が考案し製造販売している混合(混練)機。偏心して配置された撹拌羽根(or/andローラー)と同時又は単独で容器下部が回転するタイプで粉体の運動が複雑で混合度が非常に高い。Eirich mixer
アウトレット耐火物あうとれっとたいかぶつロータリーキルンにおいて,焼成後でまだ高温のクリンカーが排出される落口部に施工する耐火物。nose-ring blocks
赤白珪石あかしろけいせき酸化鉄を含有する赤色の角ばったチャートが白色の脈石英の中に斑状に存在する珪石。ほかに青白珪石とよばれるものもあるがほとんど同じ構成である。珪石煉瓦の原料に適しており,炉材珪石とも呼ばれる。composite quartzite
赤煉瓦あかれんが建築土木用に使用される煉瓦で,鉄分の多い土を用いて製造されるため,赤色を呈するので赤煉瓦と呼ばれる。耐火物とは区別して扱う。common brick/ red brick
アーク炉あーくろ電気炉の一種で,電極間又は電極と被溶融物との間で発生させたアーク熱により,被溶融物を溶融させる炉。製鋼用の電気炉は主にこの形式。arc electric furnace
あご(顎)瓦あごがわらガラス溶解炉の一種であるタンク窯の上部構造の壁(プレストウォール)を支持して,上部構造の荷重がその下の溶解槽側壁(サイドウォール)の煉瓦(タンクブロック)にかからないようにするためのL字形の断面をもった煉瓦。        tuck stone
朝顔あさがお高炉の部分名称で,炉床部と炉腹部の間の部分。羽口の上に位置し上方が開いた構造から朝顔の花にたとえてこう呼ばれる。bosh
網代積みあじろづみ逆ドームを形成する各種窯炉の炉床に採用される。四方迫り煉瓦を軽減する方法として一種の異形煉瓦で組み合わせ,煉瓦を杉綾模様に積む施工方法。直角積みともいう。herringbone bond
アスベスト/石綿  あすべすと/いしわた/せきめん蛇紋石系あるいは角閃石系に属する鉱物で柔軟な繊維となるもの。断熱材料。2006年9月以降は製造,使用とも禁止。asbestos
アーチあーち窯炉の天井部をはじめ燃焼室,開口部,煙道などに採用されているアーチ(弓形)状に構築された築炉構造。一般に迫り形と迫り受け(抱き)の2種類の形状の煉瓦によって構成される。迫り持ち(せりもち)ともいう。arch
圧縮強さあっしゅくつよさ固体材料が一軸圧縮荷重を受けるときの耐えうる圧縮応力の限界値のことで,圧縮強さ試験における材料破壊時の最大圧縮応力として求める。 compressive strength/ crushing strength
圧縮強さ試験あっしゅくつよさしけん 材料の機械的強さの一つである圧縮強さを測定する破壊試験。円柱状又は立方体状試験片に上部から荷重をかけ,破壊までの挙動を測定する試験法。compressive strength test/ crushing strength test
圧縮復元率あっしゅくふくげんりつ圧縮応力下にある材料は応力の方向に収縮するが,応力を解除した場合のその収縮が回復する割合。セラミックファイバー,パッキンなどの性質を表わす一特性。compression recovery rate
圧送あっそう圧力差を利用し管を通じて物体を輸送する方法。粉流体を空気により輸送する方法,液状物をポンプにより押し出す方法などがあり,不定形耐火物の施工に広く利用される。高圧のポンプを用いれば,流動性の低いキャスタブルでも,数10m先まで輸送できる。pneumatic transportation
厚二丁あつにちょう並形煉瓦の2倍の厚さを有する煉瓦(230×114×130mmの直方体形状)。正式には「こば二丁」と称する。double thickness straight brick
圧入材あつにゅうざい工業炉において,内張り耐火物の損傷部位あるいは内張り耐火物と鉄皮間に生じた空隙に,圧入して補修するためのスラリー状耐火物。injection refractories
圧入施工法あつにゅうせこうほう圧入孔から圧入ポンプによりスラリー状の耐火物を鋳込む施工方法。狭い箇所の耐火物の施工方法として採用されている。injection process
当て瓦あてがわらガラス槽窯の溶解層において側壁煉瓦のスラグラインが侵食されたとき,炉を冷やすことなく熱間で煉瓦の外側から押し当てて補修するための電鋳煉瓦をいう。同様に侵食が進んだスロート部でも使用する。patching block
アトラスショベルあとらすしょべる取鍋,高炉樋などの内張り耐火物の解体に使用する機材の一種。油圧にて自在に伸縮するアームの先端に削岩機を配し,キャタピラにて自走する機械。Atlas shovel
孔巻きあなまき窯炉の溶融金属,スラグなどの排出口に不定形耐火物やブロック煉瓦を施工すること。taphole relining
アニーリングあにーりんぐ材料のひずみの除去,均質化など性質を改善するために行う加熱及び徐冷処理のこと。焼きなまし,焼鈍ともいう。annealing
アブレージョンあぶれーじょん機械的摩擦によって,固体表面に引っかき傷や粒子脱落などの摩擦損傷が生じる現象。abrasion
アムスラー型材料試験機あむすらーがたざいりょうしけんき材料試験機においてその負荷部又は計測部に,てこ又は振り子を用いた試験機。耐火物の圧縮強さ,曲げ強さなどを測定するのに使用する。Amsler type material testing machine
アメリカ積みあめりかづみ長手積みを4?7段積み,押さえに小口積み1段を入れる炉壁の積み方。普通積みともいう。施工は簡単であるが強度上好ましくないため,通常炉壁には用いられない。American bond
亜硫酸パルプ廃液ありゅうさんぱるぷはいえき亜硫酸法によるパルプ製造の際に得られる蒸煮廃液。木材質の約50%に相当する分解物が溶けている。淡黄又は淡褐色で独特の臭気をもつ。濃縮して得られる粘ちょうな液を鋳型や耐火物の結合材として使用する。sulphite lye
RH脱ガス炉あーるえいちだつがすろ鉄鋼の二次精錬における吸上式真空精錬法(真空槽内に鍋内の溶鋼を吸い上げて行う精錬法)の設備。底部にある2本の浸漬管のうち一方からArガスを吹込み溶鋼を循環させて脱ガスなどの処理をする。効果として脱ガス,脱炭,成分の均一化,非金属介在物の浮上分離が挙げられる。単にRHとも称す。RH degasser / Ruhrstahl-Heraeus degasser
アルカリ蒸気侵食あるかりじょうきしんしょくアルカリ成分が還元雰囲気で水蒸気,ハロゲンなどとともに気相を通して移動反応し,炉材の表面部分を軟化させたり,亀裂を生じさせたり,膨張剥離させたりする現象。corrosion by alkali vapor
アルミナあるみな酸化アルミニウム(Al2O3)。多数の相が存在し,純粋でもっとも安定な形α型(コランダム)とγ,η,κなどの中間アルミナとがある。研削材,セラミックス,耐火物など広く利用される。 →コランダムalumina
アルミナ・カーボン質耐火物あるみな・かーぼんしつたいかぶつアルミナ及び炭素を主原料とし,樹脂などのバインダーや金属粉を添加して製造した耐火物の総称。耐食性,耐熱衝撃性に優れているため,塩基性スラグと接触する部位を除き,溶融金属に接する部位の耐火物として幅広く用いられる。alumina-carbon refractories
アルミナ・グラファイト(黒鉛)質耐火物あるみな・ぐらふぁいとしつたいかぶつアルミナ・カーボン質耐火物の一種で,アルミナと黒鉛を主原料としている。耐熱衝撃性に優れているため,おもに鉄鋼の連続鋳造用耐火物などに用いられる。alumina-graphite refractories
アルミナ・クロミア質耐火物あるみな・くろみあしつたいかぶつアルミナとクロミアを主原料とした耐火物の総称。クロミア含有量に応じて耐食性は高くなるが耐スポーリング性は低下する。おもに焼却炉に用いられる。alumina-chromia refractories
 アルミナ質耐火物 あるみなしつたいかぶつ アルミナを主成分とする耐火物で,アルミナを90%以上含むものをいう。各種スラグに対する抵抗性が大きいことから,高炉,ガラス溶融窯などのスラグと接する部位に用いられることが多い。 alumina refractories
 アルミナ質電鋳煉瓦 あるみなしつでんちゅうれんが 純度の高いアルミナ原料を電気炉で完全に溶融し,耐火性の鋳型に注入して所定の形状に鋳造することによって製造した煉瓦。その結晶構成によってα-Al2O3質(Al2O3:99%) α,β-Al2O3質(Al2O3:95%,Na2O:3.5%) β-Al2O3質 (Al2O3:93%, Na2O:6%) の3種類がある。 fused-cast alumina brick/ fusion-cast alumina brick
アルミナ・シリカ質耐火物あるみな・しりかしつたいかぶつ主としてアルミナ及びシリカ両成分からなる耐火物の総称。この耐火物には半珪石質,ろう石質などの粘土質耐火物から高アルミナ質耐火物までのAl2O3・SiO2比の連続した一連の耐火物を含む。alumina-silica refractories/aluminosilicate refractories
アルミナ・シリコンカーバイド(炭化珪素)・カーボン質耐火物あるみな・しりこんかーばいど・かーぼんしつたいかぶつアルミナ,炭化珪素及び炭素を主原料とし,樹脂などのバインダーや金属粉を添加して製造した耐火物の総称。耐スラグ性に優れているため,スラグに接する部位(混銑車など)の耐火物として用いられる。alumina-silicon carbide-carbon refractories
アルミナ・スピネル質耐火物あるみな・すぴねるしつたいかぶつアルミナとスピネルを主原料とした耐火物の総称。鉄鋼用取鍋,タンディッシュなどの溶鋼容器,あるいは高炉の溶銑樋用不定形耐火物として用いられる。alumina-spinel refractories
アルミナセメントあるみなせめんと石灰石とボーキサイトやアルミナなどのアルミナ原料を溶融又は焼成して造るアルミナ成分に富む水硬性セメント。耐火性に優れていることから,不定形耐火物の結合材として使用される。alumina cement/ aluminous cement
アルミナ繊維あるみなせんいアルミナを主成分とする繊維。Al2O380%以上のものをいう場合が多く,耐熱性が良く1600℃まで使用できるものがある。alumina fiber
アルミナ・マグネシア質耐火物あるみな・まぐねしあしつたいかぶつアルミナとマグネシアを主原料とした耐火物の総称。溶鋼等からの受熱でスピネルを生成し緻密化するため,耐食性・耐スラグ浸潤性に優れるが,アルミナ・スピネル質に比べ耐スポーリング性は低い。alumina-magnesia refractories
アルミノシリケートあるみのしりけーと珪酸塩の結晶構造中,珪酸四面体[SiO44-の珪素の一部が,アルミニウムで置換された鉱物。アルミノ珪酸塩ともいう。ムライト,長石,雲母などがその例。aluminosilicate
アルミン酸石灰塩あるみんさんせっかいえんカルシア(CaO)とアルミナ(Al2O3)の2成分系化合物の総称で,アルミナセメントの主要構成鉱物。3CaO・Al2O3,2CaO・Al2O3,CaO・Al2O3,CaO・2Al2O3,CaO・6Al2O3,12CaO・7Al2O3などが知られている。calcium aluminate
アロフェンあろふぇん非晶質粘土で,珪酸・アルミナの水和ゲルを含む,組成不定の含水珪酸アルミニウムの名称。allophane
アンカーあんかープラスチック,キャスタブルなどの不定形耐火物構造の炉壁や天井が倒れたり落ちないように支持する耐火物又は金物のこと。耐火物の場合はアンカー煉瓦,引っ張り煉瓦又はセラミックアンカー,金物の場合はアンカーメタルとも呼ばれる。→引っ張り煉瓦anchor / anchor brick / metal anchor /anchor metal
あんこあんこ焼成煉瓦の内部に未反応の原料が残ったため,ほかの部位と異なる色調を呈する部分のこと。特に炭素が残ると黒色を呈する。 →黒芯black core/ black heart
安息角あんそくかく上部から粉流体を水平面上に自然落下させた場合に円錐状の堆積層ができる。この円錐体の傾斜面と水平面とのなす角度をいう。angle of repose
アンダルサイト(紅柱石)あんだるさいとAl2O3・SiO2が組成でシリマナイト,カイアナイトと同質異像。斜方晶系で赤味を帯びることがあるため紅柱石ともいう。約1300℃でムライトに転移。高アルミナ質耐火物の原料として使用。andalusite
安定化ジルコニアあんていかじるこにあ低温では単斜晶系,高温ではひずんだ正方晶系の体積変化を伴う変態点を持つZrO2に,CaO, MgO,Y2O3を混合焼成して室温から融点まで安定な立方晶系化し,異常膨張収縮を示さなくなった固溶体。連続鋳造用ノズルのパウダー部用材質などの原料として用いる。stabilized zirconia
安定化ドロマイトクリンカーあんていかどろまいとくりんかードロマイトに珪酸質原料,酸化鉄などを加えて焼成し,石灰を完全に珪酸と反応させ,珪酸三カルシウム又は二カルシウムとし,耐消化性を改善した原料。stabilized dolomite clinker
アンドレアゼンの式あんどれあぜんのしき粒子充填率を大きくするための粒度分布式。アンドレアゼンによって提唱された。Andreasen's equation
 

日本語 | English
ログイン
HP内検索