The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー29人
ログインユーザー0人
登録ユーザー143人

第12回(2017年度)耐火物研究助成金の募集


2016年 9月12日
耐 火 物 協 会
耐火物技術協会
  
 耐火物協会・耐火物技術協会では、耐火物関連分野の研究振興と若手研究者育成のために、大学・工業高等専門学校の研究者に対して、研究費の助成を行っております。下記の応募要領に従ってご応募下さい。 
  
応募要領 
1.対象 耐火物及び高温用セラミックス、ならびに耐火物に関連する研究 
     耐火物協会・耐火物技術協会が特に期待するテーマ案例については耐火物技術協会ホームページ 案例紹介 に掲載しているが、この案例に限定はしない。  

2.資格 日本の大学または工業高等専門学校に所属し、日本国内で研究に従事する教授、准教授、講師、助教、または公的研究機関に所属し日本国内で研究に従事する研究員とする。

3.研究期間 1年とする(1年より長くなる場合、その理由を明記のこと)。
 
4.助成金額 助成金の交付金額は、申請1件につき原則として50万円とし、対象案件は年間6件程度とする。
 
5.申請方法 指定の助成金申請書を提出のこと。
*申請書は、耐火物技術協会ホームページの http://www.tarj.org/究助成金/申請書-報告書/  からダウンロードするか、または下記問い合わせ連絡先に請求すること。
*申請書に必要事項を記入し、E-mail または郵送にて申し込むこと。 
*申請書以外の添付書類はつけない。 
*一人で複数の応募はできない。 

6.応募期間 2016年10月 1日から11月30日(必着)。期日を過ぎて到着したものは受け付ない。  

7.審査方法 耐火物研究助成金選考委員会が審査選考する。 

8.結果通知 2017年2月初旬頃 申請者にそれぞれ結果を通知する。 
 (耐火物誌、耐火物技術協会ホームページ上に、採択テーマのみを掲載する) 

9.助成金の交付 2017年4月以降 それぞれ全額一括交付する。 

10.交付条件
1) 助成研究成果は,2018年4月開催の耐火物技術協会の年次学術講演会または2019年開催のUNITECR 2019に必ず発表すること。耐火物誌11月号に年次学術講演会の案内を掲載する。発表の際には、本助成金を受けた旨を明記すること。 
2)助成研究の成果は、2020年3月末までに耐火物誌(欧文誌を含む)へ必ず論文投稿すること。 投稿の際には、本助成金を受けた旨を明記すること。
3)助成金の使途は研究課題の範囲内であれば特に拘束はしないが、終了後提出する報告書に助成金使途について記載すること。報告書は2018年5月末までに、耐火物技術協会ホームページ http://www.tarj.org/究助成金/申請書-報告書/からダウンロードできる書式に従い提出すること。
4)研究成果の並びにそれに関する特許などの権利は研究者または研究機関にに帰属する。 

11.応募書類・内容の取り扱い 
 応募書類は返却しない。また応募した内容は公開しない。選考の過程で、詳細資料の提示あるいは詳細説明を依頼する場合がある。 

12.問い合わせ・申込先 
  耐火物技術協会 事務局 細田   〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル 
  TEL 03-3572-0705  FAX 03-3572-0175   E-mail  hosoda@tarj.org  URL http://www.tarj.org/
 
第12回(2017年度)耐火物研究助成金の募集
 

日本語 | English
ログイン
HP内検索