The Technical Association of Refractories, Japan
 
事務局
〒104-0061 東京都
中央区銀座7-3-13
電話;03-3572-0705
FAX;03-3572-0175
問合わせ
アクセス
 
オンライン状況
オンラインユーザー44人
ログインユーザー0人
登録ユーザー143人
会報
会報
12345
2017/09/01new

第16回環境と耐火物研究会のご案内

| by 管理者A

日時:平成20171012()

場所:日本教育会館8F 第2会議室(TEL 03-3230-2831)

    東京都千代田区一ツ橋2-6-2

   地下鉄神保町駅下車(A1出口)徒歩3

 

【プログラム】

(一般発表) 10:10-15:20

1.ノンセメントキャスタブルの耐酸・耐アルカリ性について   (株)TYK

2.低セメントタイプ乾式吹付け材の開発
                              
美濃窯業(株)

3.都市ごみ焼却炉二次燃焼室における不定形耐火物アプリケーション   AGCセラミックス(株)

4.プレキャスト耐火物の製造におけるマイクロ波加熱

 の適用               黒崎播磨(株)

5.コークス炉ドアブロックのリサイクル化 (仮題)
                   
品川リフラクトリーズ(株)

6.耐火物のリサイクル材活用状況 (仮題)
                       
AGCプライブリコ(株)

7.生体内低残存性ファイバーの課題とその対策
              
新日本サーマルセラミックス(株)

8.高温集塵用フィルターの耐スポーリング性の改善  イソライト工業(株)

 

(特別講演) 15:30-16:30

「選択粉砕を利用した廃棄耐火物の高効率リサイクルについて(仮題)」

福岡工業大学  准教授 久保裕也 様

 

(交流会)日本教育会館9F 喜山倶楽部   17:00-18:30

 

*参加費 : 研究会 4,000(テキスト代)

      交流会  6,000

*参加申込:928()までに。

*申込・問合先:耐火物技術協会事務局(青木)

TEL03-3572-0705  FAX 03-3572-0175

          E-mail  aoki@tarj.org


00:00 | コメント(0) | 研究会,専門委員会の案内
2017/09/01new

第5回 鉄鋼用耐火物専門委員会講演会のご案内

| by 管理者A

主催:耐火物技術協会

後援:()日本鉄鋼協会 耐火物部会

日時:平成291120()-21()

場所:北九州国際会議場(「メインホール」)

802-0001 北九州市小倉北区浅野三丁目9-30

TEL 093-541-5931

発表申込締切:831()⇒委員宛別途案内済。

報告集原稿と耐火物誌要約原稿の締切:1020()

報告集:製本版を委員会当日有料頒布します。

*問合先:耐火物技術協会事務局 磯尾

104-0061 東京都中央区銀座7-3-13ニューギンザビル4F

     TEL 03-3572-0705  FAX 03-3572-0175

            E-mail  isoo@tarj.org

 

〈鉄鋼用耐火物専門委員会 委員登録のお願い〉

鉄鋼用耐火物に関わる研究者・技術者の皆様のご参加と委員登録をお願いします。

1)研究発表申込は,委員に限定します。

2)委員会参加は,原則として委員に限定します。

3委員会参加に当たり,委員または委員代理の参加費は無料です。同伴者の参加費は2,000円です。

4)委員登録(年会費)は4,500です。

 *委員登録の申込:耐火物技術協会事務局 青木

TEL 03-3572-0705  FAX 03-3572-0175

E-mail  aoki@tarj.org


00:00 | コメント(0) | 研究会,専門委員会の案内
2017/09/01new

平成29年度第1回常任理事会 議事録

| by 管理者A

日時平成29725()1500-16:45

場所耐火物技術協会 会議室 

出席者(敬称略) 

金重会長,後藤副会長,伊熊副会長,太田副会長

(常任理事) 内田,江口,大庭,奥村,斎藤,,武内,
難波,橋本,藤井,松永,(中野
代理),細田

【出席常任理事17名】/【委任状18名】

(監事)浅野,塚本  UNITECR事務局長前田

(事務局)小林,磯尾〈記〉

提出資料

(1)常任理事会資料(平成29725日付) 

   ・現況報告(会員内訳)

   ・平成29年度第1四半期 収支報告

   ・貸借対照表(会務)

   ・平成29年度予算

   ・平成29年度決算予想

   ・事業部門報告

(2)UNITECR 2019 実行委員会

(3)耐火物誌WEB化に伴う会費改訂()
(3)-1
企画委員会規定(
)
(3)-2 IT
委員会規定()

(4)平成29年度標準化委員会の活動報告

(5)支部報告
(5)-1
九州支部活動状況
(5)-2
中国四国支部報告書

 

【議事内容】

*定足数の確認

冒頭に,細田専務理事が定足数充足の確認を行なった。平成29年度常任理事55名に対し,出席理事17,委任状提出理事18名の合計が35名となり過半数を満たしていることが報告され,金重会長が本常任理事会の成立を宣言した。(細田専務理事)

 

1)「常任理事会資料」(資料(1))の説明と承認

・資料(1)に基づき,会員内訳は金重会長,その他は後藤副会長が順次報告。

(追加コメント内容)

会員の減少は主としてヨータイ社の退会によるところである。(金重会長)

2(UNITECR実行委員会):前田UNITECR事務局長が資料(2)により活動報告。

・テーマ,コンセプトデザイン,セッショントピックスなどについて説明し,UNITECR 2017(サンチャゴ)UNITECR 2019(横浜)を紹介すること,補助金募集活動の準備状況などについて報告した。

3)本部委員会報告

(企画委員会):難波委員長が資料(3)により報告。

・耐火物誌のWEB化によるコスト削減効果だけでは耐技協の赤字体質脱却はできないため,会費改訂が必要との説明があった。会費改訂案としてC案-E案が提示されたが議決には至らず,今後改めてメール会議で決定することとした。

IT関連業務の今後の進め方は,現IT委員は企画委員(IT分科会に属す)となり,原則としてHPの更新に関する事項のみを担当とすることにし,企画委員会規定には,IT委員会の解散を明記することとした。

(機関誌編集委員会):(代)事務局磯尾が口頭報告。

・耐火物誌の原稿不足について報告し,各社の協力を要請した。

(標準化委員会):内田委員長が資料(4)により報告。

4)専門委員会・研究会報告

(鉄鋼用耐火物専門委員会):大庭委員長が口頭報告。

・本年第5回専門委員会は1120()21日(火),北九州国際会議場で開催。

(原料専門委員会):松永委員長が口頭報告。

・本年第77回専門委員会は913(水)OCCで開催。

(セメント用耐火物研究会):(代)事務局細田専務理事が本年5月開催実績を口頭報告。

・来年のセメント協会技術大会が5月上旬となるため,セメント各社の休転工事期間と重なる可能性が大きいので,耐火物研究会の開催時期についてユーザーにヒアリング中。

(環境と耐火物研究会):(代)事務局磯尾が口頭報告。

・本年第16回研究会は1012(木),日本教育会館で開催。

5)支部報告

(九州支部)奥村新支部長が資料(5)-1により報告。

(中国四国支部):斎藤支部長が資料(5)-2により報告。

OCCや日本セラミックス協会と共催で,研究会等の活動を継続中である。

(近畿支部):中野新支部長の代理で森氏が口頭報告。 

62日に実施した見学会の報告をした。

(東海支部):藤井新支部長が口頭報告。

・第70回通常総会及び年次学術講演会 (於名古屋工業大)の実績が報告された。

(東部支部):(代)事務局細田専務理事が品川リフラクトリーズ()湯本製造部見学会の報告をした。

 

*以上の全体議事報告内容に対して,質問・異議等はなく,了承された。

 

6)その他

・金重会長から, 本年4月開催の通常総会をもって専務理事を退任された吉井洋子氏の在任中の功績に報いるため, 退職慰労金を贈呈したく, その金額,支払時期, 方法を協会職員退職慰労金規定に従って贈呈することを正副会長会議に一任されたい旨の議案が提出され, 議決を諮り, 承認可決された。

 

 (以上)


00:00 | コメント(0) | 議事録
2017/09/01new

平成29年7月度 機関誌編集委員会

| by 管理者A

1.日時20177141450-1650

2.場所耐火物技術協会 会議室

3.出席者

大矢委員長,飯山,池淵,井上,大庭,関根,筒井,中島,仲村,西田,橋本,松島,事務局(細田,吉井,小林,海老沢,磯尾)

議事内容】

前回議事録の確認と承認。

(和文誌)

・発刊済7月号の内容確認。

20178月号-10月号の編集計画・進捗報告と検討。

・執筆依頼,原稿審査結果状況の進捗報告。

⇒投稿原稿(入稿予定込)の担当者決定等。

(欧文誌)

Vol.372-4の編集計画・進捗報告と検討。

OVERSEASの投稿規定の№4への掲載についての説明があり,次回の編集委員会で検討。

WEB化アンケート結果についての説明。

【今後の機関誌編集委員会開催予定】

818() 15:00-17:00

98() 15:00-17:00

1013() 15:00-17:00

1110() 15:00-17:00


00:00 | コメント(0) | 議事録
2017/09/01new

耐火物誌記載内容の不備についてのお詫び

| by 管理者A

(1) 乾式吹付け工法「FFO-HD」について

耐火物誌7月号p.332と8月号p.382に掲載いたしました乾式吹付け工法「FFO-HD」について、専門用語の説明がなかったことをお詫びします。

ここに、「Free FlyingObject - High Density」の略記であったことをご報告いたします。

 

(2) 耐火物誌8月号掲載論文について

耐火物誌8月号p.362-369に掲載いたしました論文「可とう性チタン酸アルミニウムセラミックスの微構造」の受付日と受理日が記載されていなかったことをお詫びします。

平成2937日受付,平成2976日受理

投稿責任者:太田敏孝
であることをご報告いたします。

 (事務局)


00:00 | コメント(0) | 連絡事項
2017/08/01

第77回原料専門委員会のご案内

| by 管理者A

日時:平成2017913()

場所:岡山セラミックスセンター

    (備前市西片上1406-18  TEL0869-64-0505

 

【プログラム】

 

(ワールドトピック) 10:20-11 :00

1.refractoriesWORLDFORUMよりトピックの紹介

 

(一般発表) 11:10 -14:20

2.ローソーダ焼結アルミナの特性 第2

伊藤忠セラテック(株)

3.MgO-Cれんがの消化に及ぼす添加物の影響

品川リフラクトリーズ(株)

4.軽量骨材としてのカルシウムヘキサアルミネート(CaO6Al2O3)のキャラクタリゼーション   デンカ(株)

5.不定形耐火物の粗粒原料種が各種物性値に及ぼす影響

黒崎播磨(株)

6.スピネル形成によるZnOの蒸発挙動と雰囲気の影響

(一財)岡山セラミックス技術振興財団,(株)IHI

7.MgO-C原料を使用した補修材

黒崎播磨(株)

8.カーボンボンド吹き付け材におけるピッチ原料種が特性に与える影響

品川リフラクトリーズ(株)

 

(特別講演) 14:30-15:30

 「耐火物の混合,混練用ミキサーについて()

(株)北川鉄工所   山本敦資 様

 

(見学会) 15:40-16:30

岡山セラミックスセンター

 

(交流会)16:40-18:10

*参加費*):委員会 委員,代理    5,000

          同伴者,一般   6,000

       交流会          3,000

            *)報告集・昼食代含む

 *参加申込:91()までに

  注)参加申込時に、見学会、交流会への参加・不参加
もお知らせ下さい。

*申込・問合先:耐火物技術協会事務局(古山)

104-0061 東京都中央区銀座7-3-13ニューギンザビル4F

       TEL 03-3572-0705  FAX 03-3572-0175

              E-mail  furuyama@tarj.org
00:00 | コメント(0) | 研究会,専門委員会の案内
2017/08/01

平成28年6月度 機関誌編集委員会

| by 管理者A

1.日時20176161500-1600

2.場所耐火物技術協会 会議室

3.出席者

大矢委員長,飯山,池淵,井上,大庭,筒井,中原,前田,俣野,松島,事務局(細田,吉井,小林,海老沢,磯尾)

議事内容】

前回議事録の確認と承認。

(和文誌)

・発刊済6月号の内容確認。

20177月号-9月号の編集計画・進捗報告と検討。

・執筆依頼,原稿審査結果状況の進捗報告。

⇒懸案審査内容確認及び投稿原稿(入稿予定込)の担当者決定等。

(欧文誌)

Vol.372-3の編集計画・進捗報告と検討。

*最後に、前事務局長の海老沢氏の退任挨拶。

【今後の機関誌編集委員会開催予定】

818() 15:00-17:00

9月  8日(金) 15:00-17:00 (後日,委員長提案)
00:00 | コメント(0) | 議事録
2017/08/01

第8回セラミックスの基礎学問研修会

| by 管理者A

主催: (公社)日本セラミックス協会中国四国支部

共催:学校法人加計学園 岡山理科大学
(
一財)岡山セラミックス技術振興財団
耐火物技術協会中国四国支部

日時:平成29119() 13:00-17:45
    *交流会17:55-19:30

    平成291110() 9:00-16:05

会場:学校法人加計学園岡山理科大学 50周年記念館(多目的ホール他)

概要:「セラミックスの科学と耐火物の魅力」をキーワードに、主要な大学研究者が進めているセラミックス研究や持続可能な社会実現に向けた材料開発などについて学べる場を、耐火物、セラミックス分野の研究者・技術者に提供するための研修会を開催します。御多忙の事とは存じますが、関係各位の多数の御参加をいただきたく御案内します。

参加費主催・共催団体会員  5,000円(税込)
会員外   8,000円(税込)
 学生  1,000円(税込)

(どちらか1日のみのご参加の場合も参加費は、上記価格になります。)

* 交流会 一般(会員・会員外)5,000円(税込)
学生 1,000円(税込)

定 員50名 (申込締切:1031(),締切前でも定員に達した時点で締め切ります。)

*詳細情報は,耐技協HPにも掲載しています。

申込先:日本セラミックス協会中国四国支部 担当 川端 

TEL0869-64-0505  FAX 0869-63-0227

            E-mail erazoku@optic.or.jp
00:00 | コメント(0) | 講演会
2017/07/01

第16回環境と耐火物研究会・研究発表の募集

| by 管理者A
日時:平成29年10月12日(木)
場所:日本教育会館8F第2会議室
東京都千代田区一ツ橋2-6-2 (TEL03-3230-2831)
テーマ:耐火物の環境問題への貢献
趣旨:環境に対する耐火物技術について,耐火物のメーカー・ユーザーから発表して頂き,ユーザーとメーカーの意見交換の場とする。
発表募集締切:7月7日(金)
報告集原稿と耐火物誌要約原稿提出:8月25日(金)
参加費:研究会無料(報告集4,000円)
交流会6,000円
発表申込/間合先:耐火物版協会事務局(磯尾)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-13ニューギンザビル4F
TEL 03-3572-0705 FAX 03-3572-0175
E-mail isoo@tarj.org
00:00 | コメント(0) | 研究会,専門委員会の案内
2017/07/01

平成29年5月度機関誌編集委員会

| by 管理者A
1.日時:2017年5月12日(金)15:00-16:15
2.場所:耐火物技術協会会議室
3.出席者
大矢委員長,仲村副委員長,明石,池淵,井上,太田,大庭,
岸田,関根,筒井,中島,西田,松島,丸山,事務局(細田,
吉井,小林,海老沢,磯尾)
{議事内容]
*前回議事録の確認と承認。
(和文誌)
・発刊済5月号の内容確認。
・2017年6月号, 7月号の編集計画・進捗報告と検討。
・2017年9月特集号編集状況の報告。
⇒確定題目12件に加え不定形関係1件が追加見込。
・執筆依頼,原稿審査結果状況の進捗報告。
(欧文誌)
・発刊済Vol.36No.1の内容確認。
・Vo l. 36No2の編集計画・進捗報告と検討。
・Vo l. 36No.3は特集号の英訳を掲載することを報告。
(その他)
・「講座」の現テーマは一旦停止し,新しい講座を開始することが提案され了承された。
・欧文誌のタイトルについて,和文誌(正)の英訳版とする提案あり。大矢委員長より著作権の専門家に確認するとの申し出あり。
・耐火物誌の号担当者見直し提案があり,議事録とともに新号担当者リストを配付し承認をとることで了承。
【今後の機関誌編集委員会開催予定】
7月14日(金) 15: 00-17: 00
8月18日(金) 15:00-17:00
00:00 | コメント(0) | 議事録
12345

日本語 | English
ログイン
HP内検索